塚田のなかにわ計画第三期

SOCIAL / カフェ、シェアスペース、福祉施設

地域のなかにわを創出する塚田のなかにわプロジェクトの第三期。障碍者を支援する2つの事業施設とカフェが併設されている。「テラスでの食事」や「屋内外の一体的な利用」といった要望をふまえ、様々な使い方に対応できるよう、骨格を構成する2730mmのグリッドを屋外まで拡張し、大きな軒先空間やフレームを設けている。私道である前面道路には開口部を多く設けており、地域に開かれた開放的な場所となることを目指した。

設計:小林 千尋、馬場 貴志

2020.03